見舞いへ(育児日記3)

私は先生との約束通り、毎日哲也の見舞いに通った。帝王切開の為、事前に有給休暇の申請が出来た事も幸いし、何とか通う事が出来た。 見舞いに行くとまず手の洗い方を教えられる。手には石鹸をつけ、肘までを満遍なく洗う、そして滅菌室に入る。そこには生後間も無い赤ちゃん達が保育器に入れられ、ずらりと並んでいた。 哲也は点滴を受けながら保育…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

哲也入院(育児日記2)

実家で夕食も終え、これから暫らくは一人暮らしだな、等と考えながらゆっくりと寛いでいた時、携帯電話がなった。 電話はカミさんからだった。子供の呼吸がおかしいと先生に言われた。酸素濃度の高い場所なら問題ないが、通常の場所だと充分な呼吸が出来ていない様子だ、産婦人科では必要な手配が出来ない為、これから救急車で子供病院へ連れて行ってもらう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誕生(育児日記1)

2005年の10月15日、九州の福岡と言う街で長男、哲也が産まれた。 病院の看護婦さんに初めて抱かせて貰った我が子は、マシュマロの様に柔らかく、そして暖かだった。月並みな表現だが、まさにそれが実感だった。 出産時の妻の年齢は40歳、高齢と言う部類に入る出産だ。そして他にも色々と事情があり、母体・赤ちゃんの安全も考え、帝王切開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電子書籍は未購入

 電子書籍は間違いなく浸透する(せざるおえない)メディアなんだろうと思います。  もし自分が電子書籍で小説や漫画を読む場合、従来の本の購入スタイルの延長として考えるなら、小説はスマートフォンサイズ、漫画ならi-Pad位のタブレットサイズが理想的でしょう。購入する作品としては、小説の場合、今まで文庫本で購入していた作品と言う事になる…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

漫画を購入

 漫画の場合はどうかと言うと、小説を購入する時の基準が全く当てはまりません。基本、文庫本で買う事はまずありません。と言うかあえて買わない様にしています。昔、第一次文庫漫画ブームの時は随分買いましたが・・・。  時々、単行本未集録作品を文庫に入れたり、書き下ろし漫画が付いていたりなんて事がありますが、あれはちょっと悩ましいですね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小説を購入

 私の場合、小説を新聞や雑誌連載で読んで、それから単行本を買うと言う事は、まあ殆どありません。  新聞の書評やネット情報を参考にしたり、書店で並べてある表紙やタイトル、作家名から面白そうな作品を選び、適当に購入します。無名の作者(唯自分が知らないだけの場合が多い)でも、購入動機にはあまり影響しませんが、変な名前の作家は何となく買わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石原豪人

恐らくこの石原豪人氏の名前を知らない人でも、少し年配の方ならば、この方の作品を本や雑誌で見かけた事がある人は、かなりいるのではないだろうか。 それ程数多くの作品を世に残されてきた方である。 仕事は、挿絵・口絵・表紙絵・ポスターと多岐にわたり、一体どれ位の数の作品を世に残されてきたか?は正確につかまえる事が出来ない。 描く作…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

疲労困憊

今日と一昨日は、一日9kmずつ歩いた・・・疲れた。あるイベントに参加する為だ。 あそこも何となく高齢化が進んでいる様な気がする。足を洗わない人が多い上に、若手が少しずつ増えてきているんだろうか? 参加者が増えていると言う事は、若者も参加して来ているという事のはずだが、何となく老けて見える。 自分が行った処が偶々そうなだけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AV女優として 『穂花 「籠(かご)」』

本の紹介なんですが・・・。 鹿児島出身で元AV女優として知られる穂花(ほのか)さん。 このあまりにも衝撃的な半生。 家庭の事情により3歳で施設に入所。 5歳で誘拐犯と共に1年の放浪生活。 無事に帰るも、7歳になると実家にて性的虐待を受ける。 早く家から出たいが為に、寮と奨学金制度のある高校に進学。 看護師の道へ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電子書籍

『本の雑誌』で電子書籍の特集をやっていた。その特集事態は、色んな所で語られ、特別目新しいものでは無いけれど、その中にちょっと面白い事が書いてあった。 携帯漫画がバカ売れしており、それもおっさん向けのエロ漫画を女性が買っていると言う。一昨年前の売れ筋は『特命係長・只野仁』携帯だけで2千万円位の収入が作者に入ったとか。 なる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本万国博覧会 パビリオン制服図鑑

日本万国博覧会 パビリオン制服図鑑 出版社:河出書房新社 http://www.kawade.co.jp/ より、こんな本が出版されました。 ◎A5判 ◎カラー/モノクロ印刷(本文112頁) ◎発売:2010年6月21日 昔、大伴昌司氏が少年マガジン誌上で、万国博覧会のバックステージ特集ってのをやっていまし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ガメラ対レギオンについて

コメントありがとうございます。 一応補足しておきますと、失敗作=駄作と言っている訳ではありません。 圧倒的力の敵に対して立ち向い勝利を収めると言う話は、私も好きです。例を挙げるまでも無く名作は沢山存在すると思います。 前にも書いていますが『即死に繋がったのではないか、と言うイメージを観る側に植えつけてしまうシーン』に問題が…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ガメラ対レギオン

今さらですが、ガメラ対レギオンは失敗作ではないか?と言うお話。 初めにお断りしておきますが、私は昭和ガメラも平成ガメラも好きです。「対レギオン」以外は・・・・。 何故私が「対レギオン」を失敗作と感じているか、と言う理由ですが、そのものずばり、ガメラとレギオンの力のバランスが破綻している、と言う点ですね。 初期の対…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

告白

客席には、結構若い女性グループが目立ちましたが、どうもホラー映画を観る様なのりで来ているみたいでした(インタビューした訳じゃ有りませんが・・・) 監督の上手さが目立つ作品ですね。 原作よりも、より現実的なストーリーに微調整しつつ、映像的には何処か非日常的な印象を強化した・・・と、そんな作品です。 登場人物の殆どは、自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少年マガジン

昔、少年マガジンに「星一徹の人生相談」と言うコーナーがありました。 当時の読者である少年やその親からの相談に対し、星一徹が回答すると言うもので、実際には編集者や、もしかしたら梶原先生が回答していたのかも知れませんが、結構面白い相談もありました。 今でも覚えているのは、ある中学生の少年からの相談。 毎日忙しく働いて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白土三平

今さら書く事でも無いのかも知れませんが、白土三平氏の作品を読んでいると、統一された世界観みたいなものが有りますよね。 勿論全ての作品にと言う訳では有りませんが、ある時期に描かれた忍者漫画には一貫した構想みたいなものを感じます。 アメコミで言えばDCユニバースとかマーベルユニバースみたいに、普段は別々に行動しているけれど、実は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歯科医考2

歯医者へ通うと何処でも必ずと言って良いほどレントゲン写真を撮る。 私はこれが嫌でしょうがない。本当に必要なんだろうか?どんな簡単な治療でもそうだ。 この前新聞で嫌な記事を見つけてしまった。 日本人の発ガン率が諸外国に比べて非常に高いらしい。しかもその上昇時期が、日本で健康診断にレントゲンを使用する様になった時期と重なっていると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歯科医考

子供の頃は結構歯を磨かないガキだった。 乳歯が虫歯になっても、永久歯をチャンと磨けば問題ないとなめていた。 大間違いだった。 かなりの歯に治療痕がある。多分、一般的平均通院日数より。かなり多く歯科医へ通っていると思う。 歯の治療は1回治療したからと言ってそれで終わる事は無い。 歯の詰め物が次第に接着力を失い、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more