AI vs.教科書が読めない子どもたち

『AI vs.教科書が読めない子どもたち』(東洋経済新報社)を読んだ。著者は国立情報学研究所教授で、同社会共有知研究センター長の新井紀子さんだ。 次の問題はその本に記載されていたもの。小学生高学年で身につけておくべき読解力ではないか、と言う気がしないでもない。 [問1] 次の文を読みなさい。 仏教は東南アジア、東アジアに…
コメント:0

続きを読むread more

おしぐちたかしコレクションから見る海外マンガ展

2019年11月15日(金)から2020年1月27日迄、明治大学 米沢嘉博記念図書館にて『おしぐちたかしコレクションから見る海外マンガ展』が開催されます。氏は、海外の漫画をかなり初期の段階からアートとして評価し、普及されていました。日本における海外コミックス啓蒙に大きな影響を与えた方と言えます。是非お越しください。
コメント:0

続きを読むread more

ファクトフルネス

ファクトフルネスと言う本を読んだ。 冒頭にに出てくる13の三択問題に、世界中の知識人が30%以上の正解率を出せない。 猿でも、適当に答えても30%は正解するだろう、と言われる三択問題。 如何に自分が思い込みで過ごしていたか、を思い知らされる。少し世界の見方が変わったかも。 FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込…
コメント:0

続きを読むread more

女か虎か

この作品に挿絵を付けて本にしてみたいと思っています。 女か虎か フランク・リチャード・ストックトン Frank Richard Stocktonの短編"The Lady, or the Tiger?"(1884) の全文訳 * * *  今を去る事はるか遠い昔、ある国に半蛮なる王があった。彼の考えるところは、交流のあるラテ…
コメント:0

続きを読むread more

SFショート・ショート

私達のご先祖様は、初めは単なる家庭用のAIアシスタントでした。家に住む人々から、命じられた事に反応して、家電製品のスイッチをつけたり消したり、質問に答えたり、検索したりそんな事をやっていました。 商品名はアレスカとかソレクサとか呼ばれていたと言う事です。それはそれでお役に立てていたと聞いています。 そんな私達のご先祖様に、ある開発者…
コメント:0

続きを読むread more

ウルトラプリキュア

宇宙を飛行するカラフルな三つの玉。目的地は地球だ。 三つの玉には光の国から飛んで来た、女の子達が入っている。 お爺さんや叔父さんが昔活躍した、地球と言うところを、社会科学習の一環として見学に来たのだ。 処が、地球に着いた途端、怪獣に襲われている中学生の女の子達を発見。 三人は力を合わせて怪獣を撃退するが、自分たちも力尽き、動けな…
コメント:0

続きを読むread more

ウルトラ大決戦

ウルトラシリーズに出て来た宇宙人達が集合し、何か良からぬ企みをしている。場所は宇宙空間に浮かぶスペースシップの中だ。 議長はメフィラス星人。彼らは憎きウルトラ一族に対し、復讐を企てていたのだ。 地球総攻撃。作戦は一斉に地球のいたる処に出現し、現れたウルトラ戦士の力を分散、一気に倒そうと言うものだ。 ウルトラマン達は地球…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラジコン型ロボット

昔、1965年頃少年誌によくこんな広告が載っていました。万年筆を購入すると貰える、ラジコン型ロボット。解説を読むと偉く万能なんです。でも絵を見るととてもそんな万能ロボットには見えません。一度は現物を見てみたいと思っていましたが、遂に見る事は出来ませんでした。誰か実物を見た事のある人はいますか。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大図解時代Part1冒険活劇編

復刊ドットコムにて取り扱いが開始されました。 https://www.fukkan.com/fk/CartSearchDetail?i_no=68327304 1960年代中後期(昭和40年代)、少年誌・少女誌は様々なブームの情報源として機能していました。 忍者・時代劇ブーム、スパイブーム、FBIブーム、怪奇ブーム、ター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未来の地下戦車長

復刊ドットコムにて取り扱い開始となりました。 https://www.fukkan.com/fk/CartSearchDetail?i_no=68327305 戦前・戦中・戦後にかけて、日本では国防科学雑誌『機械化』と言う雑誌が出版されていました。国威発揚のためのプロパガンダ的色彩の強い雑誌ではありましたが、その中にはSF的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エロ、オカルト、ミステリの雑誌、書籍の表紙画や挿絵で活躍した秋吉巒

『illusion―幻想画家 秋吉巒の世界』(文芸社) エロ、オカルト、ミステリの雑誌、書籍の表紙画や挿絵で活躍した秋吉巒の画集。序文・澁澤龍彦。 お勧め画集。 https://blog.goo.ne.jp/akiyoshirannomago/e/a255c3430db36c5068d244818b59682e
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ミスター・ガラス

映画「ミスター・ガラス」を観賞。上映されるまでこの作品の事は全くノーマークだった。「アンブレイカブル」「スプリット」の続編にして完結編ながら、映画の中では「これは誕生(オリジン)の物語だ」と言う台詞がある。 スーパーヒーロー好きな監督でなければ、制作は無理だろうと言う様な話。この映画は日本でどれ位宣伝されていたのであろうか。単に私のア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーヒーロー

祝十郎は探偵事務所のイスに座って、大きな窓から外を眺めていた。後ろには孫娘がスーツスタイルで立っている。 祝十郎はもの思いにふけっている様だ。その顔には皺が刻まれ、頭髪もすっかり白くなっていた。 そこへドアを叩く音。セキュリティを突破して入って来たのは誰か。 孫娘がドアを開けると、倒れ込むようにして忍者部隊の三日月が入って…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

エロい事

 私は、エロい事から完全に遮断されて成人した子供が、健全に育った子供とは思えません。  エロい刺激は成長過程に必要なものだと思っています。  最近、コンビニのアダルト本コーナーを規制しろとか、ある種の書籍をゾーニングしろとか言う書き込みをよく見かけます。その理由として良く挙げられるのが、子供の教育上好ましくない、と言うものですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大図解時代Part2特撮SF編

http://www.fukkan.com/fk/CartSearchDetail?i_no=68326564 1960年代中後期、ウルトラQやマグマ大使、ウルトラマン、サンダーバード、宇宙家族ロビンソンと言った特撮SF番組が次々と放映開始され、60年代後半には海外や日本独自の特撮・SFドラマが放映、映画も上映されるなど、当時の子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more