歯科医考2

歯医者へ通うと何処でも必ずと言って良いほどレントゲン写真を撮る。
私はこれが嫌でしょうがない。本当に必要なんだろうか?どんな簡単な治療でもそうだ。

この前新聞で嫌な記事を見つけてしまった。
日本人の発ガン率が諸外国に比べて非常に高いらしい。しかもその上昇時期が、日本で健康診断にレントゲンを使用する様になった時期と重なっていると言うのだ。

歯科医の皆さんは大体こう仰る。『弱い放射線ですから心配ないですよ』と、そりゃあ1回・1回は弱いだろうが、多く通院している人間はどうなのだろう。

本当に心配無いのだろうか・・・。

昔通った歯科医院で歯を1本治療するたびに、レントゲンを撮ろうとする医者がいた。並んでいる歯にも係わらずだ。
流石にそこは嫌になって途中で治療を打ち切ってしまった。

良く殺人事件などで、歯の治療痕で身元が判明、何て話を聞くが、治療データが次の病院へ引き継げるのであれば、どんなにか良いだろう・・・。

多分それは無理なんだろう。自分の治療技術を、他の医者に見られたく無い医者が結構多い気がする。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック