テーマ:映画

ミスター・ガラス

映画「ミスター・ガラス」を観賞。上映されるまでこの作品の事は全くノーマークだった。「アンブレイカブル」「スプリット」の続編にして完結編ながら、映画の中では「これは誕生(オリジン)の物語だ」と言う台詞がある。 スーパーヒーロー好きな監督でなければ、制作は無理だろうと言う様な話。この映画は日本でどれ位宣伝されていたのであろうか。単に私のア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーヒーロー

祝十郎は探偵事務所のイスに座って、大きな窓から外を眺めていた。後ろには孫娘がスーツスタイルで立っている。 祝十郎はもの思いにふけっている様だ。その顔には皺が刻まれ、頭髪もすっかり白くなっていた。 そこへドアを叩く音。セキュリティを突破して入って来たのは誰か。 孫娘がドアを開けると、倒れ込むようにして忍者部隊の三日月が入って…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

号泣した映画の話

1979年の『ニューヨークの恋人』。あのゴーストの映画ではありません。 原題は『Hero At Large』(KOSEIさんは「野放しのヒーロー」と訳していました) 主演は『真昼の決闘』の主題歌で知られるテックス・リッターの息子ジョン・リッター。後にジョン・ライアンシリーズで奥さんを演じるアン・アーチャーがヒロインでした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シン・ゴジラ続き

シン・ゴジラが初めて上陸した時、映画の中では当然の様に第二形態と呼んでいた。 つまり、海中でのゴジラは別の形態をしていた、と言う事だ。しかし、海中のゴジラで映像として映ったのは、尻尾の部分だけだ。 劇中ではなぜ、何処でゴジラの上陸した姿を第二形態と断定できたのだろうか。 それとも我々が勝手に尻尾と思っているだけで、あれは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シン・ゴジラ 神・ゴジラ

 友人・知人の内、怪獣ファンはもう大体シン・ゴジラを観た様子なので、そろそろ自分なりの感想を書いておきたい。 多分かなり多くの人が感想を書きたくなる映画なのではないか、とも思う。この映画は色んな切り口で語る事が出来るからだ。書き出すと切りが無くなるので、極一部、女性キャストに限定して書いてみたい。 まず、市川実日子。私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シン・ゴジラ

映画、シン・ゴジラを観てきました。 良い映画です。 未見の方は、早めに行かれる事をお勧めします。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シン・ゴジラ

シン・ゴジラの最後はどうなるのか。 炭素化した様に強張った両腕、赤く燃える体内。このゴジラが人類に負ける事があり得るだろうか。ましてや、海に消えて行くと言う様な終わり方が。 となればゴジラの自滅、崩壊。メルトダウンを起こし、日本を巻き込む大爆発。なんて、エンディングなのでは、などと妄想中。 其れともやはり、次作に余…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パシフィック・リム

少し前の話ですが、息子と二人で映画を観てきました。 息子はずっと「怖い、怖い」と言っていましたが、おやじの方は充分堪能して来ました。 怪獣映画やヒーロー物のポイントは、しっかり押さえた創りになっているのではないでしょうか。 3Dで観ると迫力がありすぎて逆に観づらい気がします。 怪獣にも意外性がありましたし、レジスタンスに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガメラ対レギオンについて

コメントありがとうございます。 一応補足しておきますと、失敗作=駄作と言っている訳ではありません。 圧倒的力の敵に対して立ち向い勝利を収めると言う話は、私も好きです。例を挙げるまでも無く名作は沢山存在すると思います。 前にも書いていますが『即死に繋がったのではないか、と言うイメージを観る側に植えつけてしまうシーン』に問題が…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ガメラ対レギオン

今さらですが、ガメラ対レギオンは失敗作ではないか?と言うお話。 初めにお断りしておきますが、私は昭和ガメラも平成ガメラも好きです。「対レギオン」以外は・・・・。 何故私が「対レギオン」を失敗作と感じているか、と言う理由ですが、そのものずばり、ガメラとレギオンの力のバランスが破綻している、と言う点ですね。 初期の対…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

告白

客席には、結構若い女性グループが目立ちましたが、どうもホラー映画を観る様なのりで来ているみたいでした(インタビューした訳じゃ有りませんが・・・) 監督の上手さが目立つ作品ですね。 原作よりも、より現実的なストーリーに微調整しつつ、映像的には何処か非日常的な印象を強化した・・・と、そんな作品です。 登場人物の殆どは、自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チョコレート・ファイター

観てきました。すんげエ面白かったです。 痛快アクション・ムービーってな感じでしょうか。 ヤクザの抗争・三角関係・金銭トラブルと、万国共通の設定で、無駄な説明を省き、後はひたすらアクション・シーンと言う構成は観ていてスッキリします。 あんまり感情移入しすぎたせいか自分が殴られてるみたいで、顔を歪めながら観ていました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西の魔女が死んだ

「西の魔女が死んだ」を観ました。 「西の魔女が死んだ」はまずタイトルが良いですね。 ついつい引かれて原作を読んで、映画に行く、といった流れで観て来ましたが、結構面白く楽しめました。 原作は先に読まない方がより楽しめると思います。 少女の成長を描いた作品と言った趣ですが、原作には続編的なストーリーがあり、それを読むと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダークナイト

観てきました。 何処にでもありそうな大都会として描かれたゴッサムシティと、そこで起こる乾いた犯罪は非常にリアリティを持って鑑賞者に迫ってくる。 恐らく今まで多くのライターが発想しながら、とことん突き詰められる事が無かった設定を使い、究極の選択が何度もバットマンに迫ってくる。 この映画の中ではバットマンは駆け出しのヒー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤッターマン

観て来ました。 映画館が満席だったのは久しぶりです。7割は女子小・中・高生、2割が原作アニメファンのおっさん(含む自分)。残りが保護者やカップルと言った感じでした。 やばい、これはアイドルの人気だけで客を呼ぼうとする映画なのでは?と心配しましたが、予想に反して面白かったです。 実写ならではのやや下品なギャグが結構…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鴨川ホルモー

鴨川ホルモー観てきました。 鬼使いと言う特殊な設定ではありますが、青春映画ですね。 学生時代、特にサークル活動ってのは、皆同じ様な生活をおくっていたのかどうか、何かと感情移入できるキャラクターや場面が出てきました。 変に盛り上げず、へたれはやっぱりへたれのままってのが良かったですね。結構面白かったです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トゥモロー・ワールド

映画「トゥモロー・ワールド」を観ました。 赤ん坊が産まれなくなった未来。人々は絶望の中、あがきながら生活をおくっている。 人類は緩やかに滅亡へと向かっていく。 芸術にしろ、技術開発にしろ、名声欲にしろ、後世で誰かが見てくれる、覚えていてくれる、役立ててくれる、と言う思いがある我々(多分)。気持ちの中にはそういった部分が隠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

300

映画「300」を観ました。 自分の中で勝手に、孫子の兵法的戦いが繰り広げられる、と思い込んでいたので(誰もそんな事は言っていないのに)ちょっと期待はずれでした。 いや、内容は充分良く出来ていたのですが、自分ではずしてしまった訳です。 スパルタンと言うよりは武士道を連想してしまうのは、やはり原作者フランク・ミラーの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出せない

多分30年位前の映画。未だ映画が2本立てで観れた頃、 何かの映画と一緒に上映されたものを偶々観たと言ったモノ。 ストーリーはこんな感じ。 主人公は売れない役者(だったと思う)。アルバイトでヒーローショーのアトラクションに出演。 コスチュームを着たまま仕事場から帰る途中、小さな事件に巻き込まれてしまう。(多分引った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベビーシッター・アドベンチャー

ベビーシッター・アドベンチャー(1987年/米) クリス・コロンバス監督デビュー作品  と言う映画を昔レンタルビデオで観た事があります。  作品内容を知ってレンタルした訳ではなく、何となくコメディを観たいな、と言う気持ちで借りたのですが、これがメチャクチャ面白かった。さらに、主演の エリザベス・シューの可愛さで、この映画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウォッチメン

映画版ウォッチメン観て来ました。 良く読書法の表現として使われる一つに、「行間を読む」なんて言葉がありますが、アメコミの場合「コマ間を読む」なんて事をよく言います。 日本の漫画とは文法が違うとでも言いましょうか、コミックスの一コマひとコマには濃密な情報が盛り込まれているのですが、連続性から言うと、サラッと軽く触れるだけで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WALL・E

700年間、ひとりぼっちで働いてきたゴミ処理ロボットのウォーリー。 ある日突然・・・・。 と言った感じで始まる物語ですが、前半は殆どセリフがありません。然しながら、登場人物(ロボット達)の感情は 非常に細やかに伝わってきます。 この作品は純粋なラブストーリーとして観るのが正しいのではないでしょうか。 ロボットと言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇宙戦争

原作は有名なウエルズの小説。エイリアンとの決着もほぼ原作通りの理由で片がつく。 映画「宇宙戦争」(スピルバーグ版)、多くの人は素晴らしい特撮を評価し、それとは対照的にあっけないエンディングを嘆く。 しかし私にはそのエンディングに幾つかの疑問が残る。世界中がエイリアンの攻撃を受け、火の海となっているさなか、主人公がたどり着いた目的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SinCity

観に行ってきました。映画「シン・シティ」 いやー面白かった。これは大人の紙芝居ってな感じですね。良く出来てると思います。 もっと話題になっても良い映画なのでは?と思いましたが、結構暴力シーンが強烈で、今の日本ではこういう内容の映画を肯定的に特集するのは、はばかられるのか?と考えたり・・・もします。 映画も良かったけど、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日米比較(映画界)

何かのテレビ番組で、ハリウッドの映画がどうしてここまで大きく成長できたか?と言う話があり、次のような説明をしていました。 ハリウッドは学歴や人種等一切差別する事無く、才能のある若者に大きく門を開いた。そうする事によって、多くの才能が集まりその成功を見て、さらに多くの才能が集まった。 なるほど!確かにそうかもしれない。日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリウッドランド

映画「ハリウッドランド」を観に行って来ました。ハリウッドが未だハリウッドランドと呼ばれていた時代の物語。 スーパーマン俳優の自殺をめぐるミステリー仕立てのドラマです。 スーパーマンのTV放送を、何度目かの再放送で観て感動した自分としては、忠実に再現された撮影シーンがノスタルジックであったり、当時の子供達の熱狂ぶりに「やっぱこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more