テーマ:昭和の絵師

大図解時代Part1冒険活劇編

復刊ドットコムにて取り扱いが開始されました。 https://www.fukkan.com/fk/CartSearchDetail?i_no=68327304 1960年代中後期(昭和40年代)、少年誌・少女誌は様々なブームの情報源として機能していました。 忍者・時代劇ブーム、スパイブーム、FBIブーム、怪奇ブーム、ター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未来の地下戦車長

復刊ドットコムにて取り扱い開始となりました。 https://www.fukkan.com/fk/CartSearchDetail?i_no=68327305 戦前・戦中・戦後にかけて、日本では国防科学雑誌『機械化』と言う雑誌が出版されていました。国威発揚のためのプロパガンダ的色彩の強い雑誌ではありましたが、その中にはSF的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大図解時代Part2特撮SF編

http://www.fukkan.com/fk/CartSearchDetail?i_no=68326564 1960年代中後期、ウルトラQやマグマ大使、ウルトラマン、サンダーバード、宇宙家族ロビンソンと言った特撮SF番組が次々と放映開始され、60年代後半には海外や日本独自の特撮・SFドラマが放映、映画も上映されるなど、当時の子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大図解時代Part2

やっと印刷が出来上がりました。先ずは資料性博覧会にて委託販売してもらう予定です。その後通販も開始されますので、皆さん宜しくお願い致します。 https://insigno.theshop.jp/
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石原豪人

恐らくこの石原豪人氏の名前を知らない人でも、少し年配の方ならば、この方の作品を本や雑誌で見かけた事がある人は、かなりいるのではないだろうか。 それ程数多くの作品を世に残されてきた方である。 仕事は、挿絵・口絵・表紙絵・ポスターと多岐にわたり、一体どれ位の数の作品を世に残されてきたか?は正確につかまえる事が出来ない。 描く作…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

山川 惣治(やまかわ そうじ〉WILD

あの一世を風靡した『少年ケニヤ』で有名な山川惣治氏が、絵物語の復興をかけ、全財産を投げ打って出版したと言われている雑誌『WILD』です。 残念ながら17号で廃刊となっています。 昭和42年に出版されたのですが、私はつい最近までこの雑誌の存在を知りませんでした。 昭和42年と言えば、少年誌から絵物語が殆ど姿を消した時代ですね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南村 喬之(みなみむら たかし)

南村 喬之(みなみむら たかし、1919年3月 - 1997年)は日本の絵物語作家・挿絵画家。本名は、額田操。 略歴 (Wikipedia) 1919年3月福島県出身。日本通信美術学院で、美術を勉強。戦時中にシベリアでの拘留生活を体験したのち、1948年に帰国。戦後直後は多様な作画仕事で生活費を稼ぎながら、改めて美術を学習。やが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武部本一郎 画伯

SFファンの方には説明の必要も無いくらい有名だとは思いますが、ラピュータから武部先生の本が出版されてます。 私の大好きな画家の一人で、ちょっと(かなり)高い本でしたけれど即行で購入しました。 「武部本一郎SF挿絵原画蒐集」 約500ページ、フルカラー、6300円、A5版、上巻・下巻の2冊。 なんですが、絵が小さすぎるんですよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昭和少年SF大図鑑 展

今度又、弥生美術館でこんなのをやるみたいですね。楽しみです。 昭和少年SF大図鑑 展   ― S20~40'ぼくたちの未来予想図 ― 画像と同じものは展示してありませんでしたが、こんなイメージです。  戦後の復興期から高度経済成長期にかけて、沢山の少年少女雑誌が発行されました。その中で子どもたちを魅了したの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more