テーマ:雑記

天国と地獄

あなたの目の前には、天国への門と地獄への門があります。 そして天国の門の前には天使が、地獄の門の前には悪魔が立っています。 但し、外見は全く同じで見分けがつきません。 天使は本当の事、悪魔はウソしか話しません。 あなたはそのどちらか一方に、一回だけイエスかノーで答えられる質問をする事が出来ます。 さあ、どんな質問をすれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

非公式キャラクターおりん君

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会では、次の様に規定されています。 オリンピック・パラリンピックに関するエンブレム、ロゴ、用語、名称をはじめとする知的財産は、日本国内では「商標法」、「不正競争防止法」、「著作権法」等により保護されています。また、日本国政府としても、東京2020オリンピック・パラリン…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

蚊と血液型と性格診断

毎年夏になると、蚊に刺されやすいタイプの人、として良くテレビやブログ等で取り上げられるのが、主に次の6つではないかと思います。 汗を描きやすい人・体温が高い人・二酸化炭素の排出量が多い人・体表面積が広い人(これは確立論的な理由らしいです)・黒っぽい服装の人・血液型がO型の人。 従って太目の人やスポーツをする人、お酒をよく呑む…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桑田真澄の名言

桑田真澄の名言 日本中、何百というチームを見てきたけど、子供達を怒鳴り散らしている指導者ばかり。 怒鳴らないと理解してもらえないほど、私には指導力がないんですと、周りに言っているようなもんだよね。 そんなことも、わからないのかね? 恥ずかしいというか、あまりにもひどすぎるよね。 そりゃぁ、叱らなければいけな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒歴史

先日、テレビのトーク番組で、脳科学者の中野信子さんが、自分の若い頃をふり返って、黒歴史と言う言葉を使っていた。 自分は何の違和感も無く聞いていたが、司会者が「ハァ?」と言う顔をしたのがとても印象に残った。 そうか、未だ一般的には浸透していない言葉なんだな・・・。多分、自分も同じような言葉を発しているだろう。 急に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手紙

古書店でバローズの文庫本を買った。創元推理文庫の「火星シリーズ」だ。 既に持っている本だったけれど、随分と状態の良い本だったし、高くも無かったのでつい買ってしまった。 当然と言うべきか、その本は読まれることなく、私の本棚に収まってしまった。 何ヶ月かしてその文庫本をパラパラと捲っていると、中から1枚のハガキが出て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

運動会で風男塾

10月12日の土曜日、息子の小学校で運動会が開催された。 最近の小学校では各学年ごとに団体演技としてダンスを踊る事が多いみたいだ。 息子の小学校では、1年生が「なめこのうた」、2年生が「にんじゃりばんばん」、そして3年生が「人生わははっ!」に合わせて創作ダンスを踊っていた。 この3年生がダンスに使った「人生わはは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「原子力発電」の必要性や安全性

山岸凉子の短編作品『パエトーン』(1988年作品)をネットで読みました。 http://usio.feliseed.net/paetone/ 昔、単行本でも読んでいましたが、この作品が発表された当時、私は全く無自覚でした。 「原子力発電」の必要性や安全性、今さらですが考えさせられます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電子書籍は未購入

 電子書籍は間違いなく浸透する(せざるおえない)メディアなんだろうと思います。  もし自分が電子書籍で小説や漫画を読む場合、従来の本の購入スタイルの延長として考えるなら、小説はスマートフォンサイズ、漫画ならi-Pad位のタブレットサイズが理想的でしょう。購入する作品としては、小説の場合、今まで文庫本で購入していた作品と言う事になる…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

漫画を購入

 漫画の場合はどうかと言うと、小説を購入する時の基準が全く当てはまりません。基本、文庫本で買う事はまずありません。と言うかあえて買わない様にしています。昔、第一次文庫漫画ブームの時は随分買いましたが・・・。  時々、単行本未集録作品を文庫に入れたり、書き下ろし漫画が付いていたりなんて事がありますが、あれはちょっと悩ましいですね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小説を購入

 私の場合、小説を新聞や雑誌連載で読んで、それから単行本を買うと言う事は、まあ殆どありません。  新聞の書評やネット情報を参考にしたり、書店で並べてある表紙やタイトル、作家名から面白そうな作品を選び、適当に購入します。無名の作者(唯自分が知らないだけの場合が多い)でも、購入動機にはあまり影響しませんが、変な名前の作家は何となく買わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

疲労困憊

今日と一昨日は、一日9kmずつ歩いた・・・疲れた。あるイベントに参加する為だ。 あそこも何となく高齢化が進んでいる様な気がする。足を洗わない人が多い上に、若手が少しずつ増えてきているんだろうか? 参加者が増えていると言う事は、若者も参加して来ているという事のはずだが、何となく老けて見える。 自分が行った処が偶々そうなだけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電子書籍

『本の雑誌』で電子書籍の特集をやっていた。その特集事態は、色んな所で語られ、特別目新しいものでは無いけれど、その中にちょっと面白い事が書いてあった。 携帯漫画がバカ売れしており、それもおっさん向けのエロ漫画を女性が買っていると言う。一昨年前の売れ筋は『特命係長・只野仁』携帯だけで2千万円位の収入が作者に入ったとか。 なる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本万国博覧会 パビリオン制服図鑑

日本万国博覧会 パビリオン制服図鑑 出版社:河出書房新社 http://www.kawade.co.jp/ より、こんな本が出版されました。 ◎A5判 ◎カラー/モノクロ印刷(本文112頁) ◎発売:2010年6月21日 昔、大伴昌司氏が少年マガジン誌上で、万国博覧会のバックステージ特集ってのをやっていまし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お帰り『はやぶさ』

開発者の方が、テレビのインタビューに答えて『はやぶさ』の事を語るとき、まるで我が子の事の様にいとおしく語られているのが印象的でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歯科医考2

歯医者へ通うと何処でも必ずと言って良いほどレントゲン写真を撮る。 私はこれが嫌でしょうがない。本当に必要なんだろうか?どんな簡単な治療でもそうだ。 この前新聞で嫌な記事を見つけてしまった。 日本人の発ガン率が諸外国に比べて非常に高いらしい。しかもその上昇時期が、日本で健康診断にレントゲンを使用する様になった時期と重なっていると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歯科医考

子供の頃は結構歯を磨かないガキだった。 乳歯が虫歯になっても、永久歯をチャンと磨けば問題ないとなめていた。 大間違いだった。 かなりの歯に治療痕がある。多分、一般的平均通院日数より。かなり多く歯科医へ通っていると思う。 歯の治療は1回治療したからと言ってそれで終わる事は無い。 歯の詰め物が次第に接着力を失い、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みんな何処へ行った?

この前何となく考え事をして思った事、あれこれ。 少し昔、電車の中で座り込む若者の事が、ニュースになっていた時期があったが、最近はとんと見かけない。 それはまあ良いことだけど、彼らはどうなってしまったのだろう? (ほんの一時期スーツ姿で座り込む若者がいたけどね) 毎年成人式の時期になると、荒れる若者って言うのがニュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「非実在青少年」について

「非実在青少年」について 「文化が滅びる」――都条例「非実在青少年」にちばてつやさん、永井豪さんら危機感 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1003/15/news074.html
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

非実在青少年

最近話題ですね。3/18に決まるみたいですが、どうなってしまうのでしょうか。 全く酷い条例にしか見えないのですが・・・・。明確な基準は何も無い、主観的でお粗末な規制ではないでしょうか。 東京都青少年保護条例改正案全文の転載 第三章 不健全な図書類等の販売等の規制 一 青少年に対し、性的感情を刺激し、残虐性を助長し、又…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

通勤電車で初めて漫画雑誌を読んだ男

あれは1985年の4月のことだったと思う。 当時私は、西船橋駅から東西線に乗り、せっせと都心へと通っていた。 毎日ほぼ同じ時間に電車に乗ると、ホームで見かける顔ぶれも大体覚えてくる。いかにもスーツに慣れていないと言った格好の、リーゼント頭の兄ちゃんを何人も見かけていたので、4月と言うのも間違いないだろう。 その頃週刊少年ジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古書店考

どうしても欲しい古本があったので、ネットで検索をしていたら、丁度入荷しましたと言う記事を古書店のHPで発見。 ただ、1ヶ月ほど前に書き込まれたモノらしく、場所もちと離れているので、まずはメールで確認。 ・・・・返信なし。 諦めきれない為、直接電話を入れてみる。 「○○○と言う本を探しているのですが、そちらで取り扱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国防科学雑誌『機械化』

日本のSF画のルーツみたいな事を調べていて、この本に辿り着きました。 国防科学雑誌『機械化』 昭和14年(1939年)創刊ですから戦前の雑誌ですね。 この本に若き日の小松崎茂先生が関わっており、先生は主に、これから開発される科学兵器の口絵や内部構造図を描かれています。 戦後の5年間位は米軍により、そういった兵…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

科学大観

最近こんな本を見つけました。 『科学大観』・・・書店売りはせずに、直接家まで届くシステムで、昭和32年頃に刊行された本みたいです。 学研の「科学と学習」みたいですね。・・・ってこれももう古い話になるのでしょうか? 中身は科学や社会の教科書みたいですが、写真や図解の使い方が半端でなく、全ページに亘って使われていました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オヤジグッズと幼児グッズ

National 鼻毛カッター グレー ER417P-H と言うものを買った。 電動式で鼻毛がジョリジョリと削れて行くバリカンだ。 手軽に鼻毛の処理が出来て気持ち良いのではないか?と思い買ったのだが、使ってみると実に快適。 ところが計算違いもあった。 カッターで切られた鼻毛は毛先が鋭い。数日して均等 に伸びてくる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大伴昌司氏の事

最近、大伴昌司氏の事を調べていたら、こんな番組があったんですね。 ちっとも知りませんでした。 (観たいな~。NHKに申し込めばオンデマンドでダウンロードできるみたいですけどね・・・。誰か録画してませんか?) ETV8特集「少年誌ブームを作った男~大伴昌司~」1987年 ETV特集「21世紀を夢見た日々~日本SFの50…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

女か虎か?

これは某ラジオドラマに出てきた話なのですが・・・。 ある国で王女様と兵士が恋に落ちてしまい、二人は相思相愛となってしまう。 しかしそれが王様にばれ、王様はカンカンに怒って兵士にある罰を与える事にする。 その罰とはAとB二つの部屋を用意し、一つには人食い虎をもう一つには絶世の美女を入れ兵士に選ばせると言うもの。 兵…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「成田亨の世界」について

「成田亨の世界」について 初めて成田氏の画集を見た時は、良くこのデザイン画をあそこまでカッコいい造型に仕上げたものだ、デザインよりむしろ立体化した人達の腕こそ素晴らしい、なんて思っていました。 ところが、展示会で原画を見たときは、その迫力に感動し、やっぱりウルトラ怪獣は、成田氏のデザイン画が有ってこそのモノだな、なんて180度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三鷹の森ジブリ美術館

三鷹の森ジブリ美術館に行ってきました。 三鷹の森ジブリ美術館は平日に行ったにも係わらずかなりの人出。まあ、予約制なので増えすぎる事は無いのですが、フランスや韓国の観光コースになっているらしく、あちこちで外国語が飛び交っていました。 働いているスタッフの皆さんはほんとに楽しそうで、ニコニコしています。 小さな子供が少々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑誌(漫画)の売上げと地下鉄サリン事件

雑誌(漫画)が売れなくなった訳、については色々な方が適切な指摘をされているので、今さら書く事も無いのですが、この前電車に乗っていて、売れなくなった理由の一つに「地下鉄サリン事件」が関係しているな・・・ってな事に思いが至りました。 風が吹けば桶屋が儲かる的な論法なのですが解りますか? 子供が漫画を読まなくなった、読めなくなっ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more