哲也の献立(育児日記46)

以前にカミさんの食事にバラエティーが無い様な書き方をしたが、実際はどうだろうか。カミさんが哲也に食べさせる為に作っているものを合わせて、一週間を書いてみよう。 月曜日 朝:バナナ、干しカレイ、ご飯少々 昼:カレイの煮つけ、切り干し大根、イチゴ、リンゴ、ご飯 夜:マカロニサラダ、なすの煮びたし、イチゴ、ご飯 哲也は鼻水が出て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

公園で他所のお父さんとの会話(育児日記45)

散歩には時々私と哲也で出かける事もある。カミさんが部屋を掃除する時や、集中して洗濯等をしたい時の一時避難的散歩の場合が多い。哲也を自転車のシートに乗せ、工事現場の近くをグルグル回り、最終的には近くのマンション群の中にある公園で遊んで帰る。哲也は公園の遊具で一通り遊ぶが、他の子供達が大勢いる場所にはあまり近寄らない。ブランコも未だ一人で乗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食事等(育児日記44)

哲也はあまり食事に執着しないみたいだ。他の子もそうなのだろうか。聞いている話では、他の子は結構モリモリ食べている様に感じる。食事が無くなると、とてもがっかりした顔をする子もいるらしい。哲也は食事時間になっても、自分があまり空腹でない場合、他の事で遊びだす。あまり好きでない食べ物の場合、べーっと吐き出したりもする。もっと小さい頃はそんな事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

父親が子供の未来を輝かせる(育児日記番外2)

最近、「父親が子供の未来を輝かせる」と言う本を買いました。これは『吉祥寺こどもの家』と言う処で、園長先生をされている百枝義雄さんと言う方が書かれた本です。『吉祥寺こどもの家』はマリア・モンテッソーリ(1870-1952)と言う20世紀の前半に活躍された医師であり教育家である方の理念を基に子供達への教育を実践されているのだそうです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

髪をカットする(育児日記43)

哲也の髪の色はやや茶系だ。カミさんが散歩やリトミックで公園や公民館等に行くと、他のお母さん達から、よく「髪が赤いわね」とか「茶髪ですね」と言われるそうだ。あんまり言われるものでカミさんも気にして、内科検診の時、思わず先生に相談してしまったらしい。勿論先生は「問題ありませんよ」と言う返事。他に答えようが無いだろう。 髪が茶系に見える…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

重機大好き(育児日記42)

 1歳5か月頃の哲也は、こんな言葉を喋る。「まんま」「くっく」「てーて」「ママ」「ついた」「あった」「じっちゃん」「じゃっ」「おちゃ」「みかん」「ない」「でんわ」「でた」「あっち」「ばあ」「ばいばい」「あか」「ぶーぶー」。  今まではベビーカーに乗せて散歩に行く事が多かったが、この頃からカミさんは哲也をなるべく歩かせて散歩に連れて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子供同士で学習(育児日記41)

乗用玩具、このオモチャは幼児の定番アイテムと言って良いくらい何処の家庭でも見かける。車やバスの形で、跨いで座って足で蹴りながら進むやつだ。(いざ名前を書いてみようと思ったら統一名は無いらしい。各社思い思いの名前を付けている) 家にも貰い物でこの乗用玩具があった。私は、子供は直ぐに乗用玩具に座って、足で蹴って遊ぶのかと単純に考えてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カミさんイラつく(育児日記40)

哲也はご飯の時もじっとしていなくなった。椅子の上に立ち上がったり、目の前に並べてある食事を下に落としたり、色んな事をする。カミさんは何とか話して理解させようとするが全く効果が無い。平日私が会社に行っている間に、何度か哲也を怒鳴りつけてしまった事が何度かあるらしい。なまじ言葉が話せる様になって来た為、言葉によるコミュニケーションが出来るの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一緒に遊ぶ(育児日記39)

哲也を抱えて時々「高い、高い」をする。とても嬉しそうに見えるが、乳幼児には「高い、高い」をしない方が良いと書いてある本もある。あまりに激しくした場合、頭に衝撃が伝わり、脳細胞が破壊されてしまうと言うのだ。生後数か月の乳幼児を想定しての話だろうが、勿論、哲也にもそんなに激しく「高い、高い」はしない。 それから本には他にこんな事も書い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風呂場でよく転ぶ。何故止められないのか(育児日記38)

哲也が歩いてウロウロする様になると、風呂場で転ぶ事故が起きた。幸いと言うかたんこぶが出来た程度で済んだが、風呂場で頭を打つと結構痛いし、内出血や脳細胞への影響も気になる。カミさんが頭を洗っている時に滑って転んだそうだ。 私達は直ぐに赤ちゃん用品の店に行き、浮き袋と半ズボンが合体した様な商品を買ってきた。カミさんが髪を洗っている間、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お出迎え(育児日記37)

もしかすると、歯が生えるのが早い子と遅い子では、言葉を話し出すのに差が出るのだろうか。歯が無ければ発音しにくいのは確かだろうが。哲也に歯が生えたのは生後6か月位だったか…。 哲也は歯磨きを凄く嫌がる。毎回半泣き状態だ。でも嫌がっていても、ここは習慣づける事が大事なのだそうだ。カミさんは毎日哲也と歯磨きで格闘している。 お辞儀…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少し上の話し掛け、一言+α(育児日記36)

哲也が最初に呼ぶのが私かカミさんか、その事に関して私は少し興味を持っていた。普通に考えるとカミさんの方が圧倒的に有利だろう。一緒にいる時間も長いし、話しかけるチャンスも幾らでもある。しつこく「ママだよ~」何て話しかけていれば、子供は直ぐに学習してしまうのではないだろうか。他の家庭の事は判らないが、哲也が最初にママでは無く私の事を呼んでく…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

パパかママか、父さんか母さんか(育児日記35)

2006年12月14日、会社から帰るとカミさんがこう言った。「哲也がお父さんの事を『てーて』と言っているみたいだよ」 えっ、どれどれ。私は哲也の方を見てじっと聞き耳を立てる。哲也は私の方を見たり見なかったりしながら何度も『てーて』を繰り返す。う~ん、ちょっと微妙な感じもするが、確かに私の事を呼んでいるみたいだ。私は思わず「そうだよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洗面器に入って転び、病院へ(育児日記34)

カミさんは粗毎日洗濯をする。雨の日でもだ。そんなに毎日しなくても良いだろうと思うのだが、洗濯物が溜まるのが嫌なのだそうだ。結果、雨の日は部屋干しする事になる。部屋干しした洗濯物は放置臭がして嫌だが、言っても改めてはくれない。洗剤は変えてくれたかも知れないが…。 12月10日、買い替えた車が納車された。以前はブルーバードだったが、今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お気に入りの絵本(育児日記33)

1歳前後の哲也のお気に入りの絵本は『くつくつあるけ』と『ぴよーん』、どちらもお祝いに頂いた本。『くつくつあるけ』の方は林明子さんの作品。靴の動きだけで一つのお話が出来上がっている。その靴を履いているであろう子供の姿は描かれていない。私やカミさんの感覚で言うと、彩色がちょっと地味な印象だったが、これを哲也に読んであげると明らかに他の絵本と…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

1歳1か月(育児日記32)

哲也は食欲旺盛。食事が終わると必ず泣いて愚図る。かなり食べている様に見えるが、多分食べたりないのだろう。うんちの回数も量も増える。 風邪も毎月の様にひいているが、着せている服や寝る時の布団に何か問題が有るのだろうか。それとも寝相のせいか。この頃の幼児は皆そんなサイクルで風邪をひくのだろうか。会社で同僚やお客さんに話を聞いてみたりす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歩いた(育児日記31)

2006年10月2日、哲也が初めて2歩歩いた。月曜日だったので、この感動はカミさんだけ味わえた。帰宅してから哲也が歩くところを見たが、話しで聞いたのと同じ様に2歩程歩いてすぐへたる。6日には何も掴まらずに自力で立ち上がれる様になった。 哲也がラッパのおもちゃを私に渡す。吹いて欲しいらしい。音を出すと喜んでいる。アンパンマンの人形、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

指しゃぶり(育児日記30)

この頃に哲也はよく指しゃぶりをしている。それも結構長い時間。指しゃぶりの原因としてストレスが関係している場合がある、と聞いたことがあるが、何故指しゃぶりをするのか良く判らない。強制的に止めさせるのはもっと良くない何て話も聞くのでそのまま自由にしゃぶらせている。 推測でしかないのだが、カミさんは毎日午前中、風呂場で熱心に洗濯をしてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初めての言葉(育児日記29)

乳幼児が意味ある単語を話し出すのは、ある日突然、しかも「パパ」とか「ママ」とか何か身近な言葉なのだろう、と漠然と思っていた。何も根拠は無いが、そう言うものだと思っていた。実際には先ず、だあだあ、ばぶばぶ、みたいな『なん語』を喋り出す。喋っているマネみたいなものだ。言葉としては通じないが、何かを訴えている様にも聞こえる事もある。 哲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

危険がいっぱい(育児日記28)

哲也が掴まり立ちや伝い歩きを仕出す様になると、改めて部屋の中に危険が無いか見直してみた。よく幼児がマンションの高層階から転落、なんてニュースを耳にする。当然ながらそこは真っ先にチェックした。 それから今までは何の気なしに、ショルダーバッグ類を椅子の背もたれに掛けていたが、それも止める様にした。哲也がショルダーバッグに掴まって遊んで…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more