書店で出版(誰が本を生かすのか03)

出版社の紙の書籍・雑誌の発行部数が減少して来ている、と言われて久しい。 今では初版発行部数、2,000部も珍しくないそうだ。 出版社は街の個人経営の書店を守るつもりはないのだろう。書店の数は減少していき、静かに衰退していくが、出版社は保身の事しか考えていない様に見える。 これは、主観的な感想なので、違っていれば申し訳ない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寄贈

国立国会図書館へ同人誌を寄贈しました。本を納める方法としては寄贈(無償)と納本(有償)の二通りがあり、私が行ったのは、無償の方です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館で出版(誰が本を生かすのか02)

誰が本を生かすのか。  図書館で本を出版する。とは言っても、色々と制約があり、簡単には出来ないだろう。まあ、それは取り敢えず置いといて。  図書館で出版出来る本は、その図書館が所在する地域に関連するもの、例えば有名な作家や画家の生誕の地である、とか今現在住んでいるとか、何らかの繋がりがあるものに限定。或いは、その図書館が所蔵する、古…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シン・ゴジラ続き

シン・ゴジラが初めて上陸した時、映画の中では当然の様に第二形態と呼んでいた。 つまり、海中でのゴジラは別の形態をしていた、と言う事だ。しかし、海中のゴジラで映像として映ったのは、尻尾の部分だけだ。 劇中ではなぜ、何処でゴジラの上陸した姿を第二形態と断定できたのだろうか。 それとも我々が勝手に尻尾と思っているだけで、あれは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出版関係の思い付き(誰が本を生かすのか01)

パブリックドメインになった昔のSF小説やミステリー小説、純文学を基に、自分の好きな絵師さんに絵を描いてもらって(勿論適正な謝礼をお支払いして)、表紙絵や挿絵を入れ、単行本として、コミケで販売する。 これって、ありでしょうか。ラノベ風の挿絵が入った古典文学なんてのも作れそうです。 で、もし評判が良ければ出版社が正式に販売契約を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シン・ゴジラ 神・ゴジラ

 友人・知人の内、怪獣ファンはもう大体シン・ゴジラを観た様子なので、そろそろ自分なりの感想を書いておきたい。 多分かなり多くの人が感想を書きたくなる映画なのではないか、とも思う。この映画は色んな切り口で語る事が出来るからだ。書き出すと切りが無くなるので、極一部、女性キャストに限定して書いてみたい。 まず、市川実日子。私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怪獣市場DX2

5月3日~4日にかけて、尼崎(兵庫県)の三和商店街にて怪獣市場と言うイベントが開催された。 これは、怪獣を使って町おこし、シャッター商店街を活性化させよう、と言う企画で、実にユニークなイベントだ。 「怪獣市場DX2」は、田口清隆監督トークショー&サイン会や、田口監督による怪獣映画撮影ライブ、「第6回・全国自主怪獣映画選手権」等企…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シン・ゴジラ

シン・ゴジラの最後はどうなるのか。 炭素化した様に強張った両腕、赤く燃える体内。このゴジラが人類に負ける事があり得るだろうか。ましてや、海に消えて行くと言う様な終わり方が。 となればゴジラの自滅、崩壊。メルトダウンを起こし、日本を巻き込む大爆発。なんて、エンディングなのでは、などと妄想中。 其れともやはり、次作に余…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吾妻ひでお先生

これって吾妻ひでお先生ですよね。 【無題のドキュメント】オレが描いたこのイラスト、某お絵かき掲示板で「80年代臭が凄い、古臭い、オッサン無理するな」とフルボッコにwwwww http://www.mudainodocument.com/articles/36060.html … 皆、本気で書き込んでいるのか?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桑田真澄の名言

桑田真澄の名言 日本中、何百というチームを見てきたけど、子供達を怒鳴り散らしている指導者ばかり。 怒鳴らないと理解してもらえないほど、私には指導力がないんですと、周りに言っているようなもんだよね。 そんなことも、わからないのかね? 恥ずかしいというか、あまりにもひどすぎるよね。 そりゃぁ、叱らなければいけな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒歴史

先日、テレビのトーク番組で、脳科学者の中野信子さんが、自分の若い頃をふり返って、黒歴史と言う言葉を使っていた。 自分は何の違和感も無く聞いていたが、司会者が「ハァ?」と言う顔をしたのがとても印象に残った。 そうか、未だ一般的には浸透していない言葉なんだな・・・。多分、自分も同じような言葉を発しているだろう。 急に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビブリオバトル

先日、「BISビブリオバトル部 幽霊なんか怖くない」発刊記念ビブリオバトルをやってみよう#2 と言うイベントに参加して来ました。 [出演]は、 山本弘さん(SF作家)、谷口忠大さん(ビブリオバトル創始者・立命館大学情報理工学部准教授)、福田和代さん(作家、ビブリオバトルin神戸「読まなきゃ!2014」主催)、鋼鉄サンボさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

艦これ改 予約受付開始

艦これ改 予約受付、3月30日より開始です。 艦これ改 限定版 (数量限定『艦これ改』オリジナルデフォルメフィギュアミディッチュ 北上&大井、数量限定予約特典『艦これ改』オリジナルマルチポーチ、他予定 同梱)角川ゲームス 2015-08-27 Amazonアソシエイト by 艦これ改 通常版 (特典無し)角川ゲ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手紙

古書店でバローズの文庫本を買った。創元推理文庫の「火星シリーズ」だ。 既に持っている本だったけれど、随分と状態の良い本だったし、高くも無かったのでつい買ってしまった。 当然と言うべきか、その本は読まれることなく、私の本棚に収まってしまった。 何ヶ月かしてその文庫本をパラパラと捲っていると、中から1枚のハガキが出て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2歳1か月(育児日記61)

土日、私がゆっくり寝ていると哲也が起しに来る「てーて、起きて~」。いっぱい一緒に遊んでやらねば、と思いつつも仕事の疲れか、遊びすぎか、うとうとしてしまう。 私の出張中にカミさんの携帯電話が鳴ると「てーてかもしろえん(知れん)」と言うらしい。哲也が気にしてくれる事も何だか嬉しい。 ゴンと音がしたのでカミさんが「哲くん、どうした…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more