掴り立ち(育児日記27)

2006年8月5日、哲也が初めて掴まり立ちをした。楽しそうに何度もやっている。何日かすると、一歩二歩と足を動かす。何処でも掴まり立ちが出来る様になり、屈伸も出来ている。その場で何度も足踏みをし、嬉しそうにニコニコと笑っている。立てると言う事がとても楽しいらしい。約1か月もすると、掴まり立ちから両手を離す様になってきた。未だふらついて危なっかしい。

後ろから脇に手を添えて歩く練習をしてみたりする。暫くすると前から両手を握ってやると、2歩3歩と歩く。つたい歩きをする様になりその距離も少しずつ延びてきた。テーブルの上に有るものは何でも引っ張ってしまう。カミさんが目を離した隙に網戸を開け、植木の葉っぱを千切って遊んでいたそうだ。

7月以降、よく風邪をひく様になった。2週間に1回位の割合だろうか、咳き込んだり、発熱、鼻水がある。但し本人は至って元気な事が多い。この頃の幼児は免疫力が切れて病気になりやすいと聞いたことがあるが、皆こんなものなんだろうか。

遊びのバリエーションも広がり、何にでも興味を示す。本をパラパラと捲って、まるで読んでいるみたいな事もある。大概本は逆さまだけど。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 育児とトイレトレーニング

    Excerpt: ◇「おむつ外し」から「おむつ外れ」へ◇以前、「おむつ外し」とは、そろそろおむつを外すべき時期だ、と親が判断して赤ちゃんのおむつを外すことを言いました。しかし、今では「おむつ外れ」と呼ぶようになってきて.. Weblog: 育児ママの応援サイト racked: 2012-01-22 10:47