電子書籍は未購入

 電子書籍は間違いなく浸透する(せざるおえない)メディアなんだろうと思います。

 もし自分が電子書籍で小説や漫画を読む場合、従来の本の購入スタイルの延長として考えるなら、小説はスマートフォンサイズ、漫画ならi-Pad位のタブレットサイズが理想的でしょう。購入する作品としては、小説の場合、今まで文庫本で購入していた作品と言う事になるとは思うのですが、私は古いタイプのコレクターである為、本棚に並べて自己満足を味わいたいと言う欲求もありますので、本当に読めれば良いや的作品、に限定されて来ると思います。

 読む事が目的と言う基準から判断した場合、自分が購入する漫画の殆どの作品が、電子書籍に移行しても可笑しくは無いはずなのですが、ワザワザ電子書籍で読みたいと言う気持ちには未だなれません。

 電子書籍は実在しないモノに対してお金を払っていると言うところが引っかかっているのかも知れません。電子書籍自体が普遍的なメディアであるとは思えない面、つまりレコードがCDになったり、ビデオがDVDからBDへ変化したりと、将来的には再生する事さえ困難になる可能性も残っているのでは、と思っている訳です。多分気に入った作品はやはり紙で残そうとする気がします。

 そう言った意味からは、紛失してもダメージの少ない作品や、取り合えずどんな作品か読んでみたい漫画からダウンロードして行く事になる訳ですが、だったら無理に買わなくてもいいんじゃない?と言った矛盾とぶち当たってしまいます。

 最近では自炊と言って、ワザワザ自分の本を裁断して電子書籍に変える人も多いと聞きますが、他人の本でさえ裁断されるのを見ていられない自分としては、とても乗れない話です。唯、最近例外を思いつきました。どうしようもなくかび臭くなってしまった本。この本は、他の本と並べて置く訳にもいきませんし、読むのにも苦労すると思われますので、電子化する事が適している気がしています。

 現実的には画集や美術書みたいに、需要はあるがどれ位売れるか読めない、印刷するにはコストがかかりすぎる、在庫を抱えるリスクは避けたい、と言った作品がどんどんと電子化されるでしょうから、そういった作品を見る事が主たる目的として電子書籍を活用していく事になりそうです。

 当然ですが何だかんだと言っても、結局は中身だと思います。面白くないものは安かろうが売れない、面白ければ多少高くても、どんな出版形態でも売れる、そう言う事なのでしょう。

 もし、自分が電子書籍を普及させる立場にいるとしたら、まず小学校の教科書の電子化に努めますね。子供の本に対する基準を変革する事は、後々大きく影響すると思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『サキュバステードライフ』を電子コミックで読むときのリスクとは?

    Excerpt: 『サキュバステードライフ』を同人誌ではなくて、電子コミックで読む場合。 料金が安いとか、置き場所に困らないとか、大量のマンガを持ち歩けるとか。 いろんなメリットがありますよね。 ただその反面、リスクが.. Weblog: 『サキュバステードライフ』の無料試し読みはこちら! racked: 2017-03-05 18:54