南村 喬之(みなみむら たかし)

南村 喬之(みなみむら たかし、1919年3月 - 1997年)は日本の絵物語作家・挿絵画家。本名は、額田操。

略歴 (Wikipedia)
1919年3月福島県出身。日本通信美術学院で、美術を勉強。戦時中にシベリアでの拘留生活を体験したのち、1948年に帰国。戦後直後は多様な作画仕事で生活費を稼ぎながら、改めて美術を学習。やがて恩師の友人・玉井徳太郎の紹介で、雑誌「日の丸」の別冊付録所収の「はやぶさ童子」で絵物語作家としてデビュー(同作は、南村喬名義)。
昭和30年代には「少年ブック」「少年画報」などで活躍するが、絵物語文化が漫画分野にとって変わられるなか、仕事が減少。試みに「週刊少年マガジン」創刊号に漫画「天平童子」(原作・吉川英治)を執筆(矢野ひろし名義)するが、漫画は自分の資質に合わないと判断。以降は、挿絵画家に本格的に転向。児童出版分野を中心に、戦記もの、怪獣もの、その他で多大な業績を残した。

画像
画像


作風
1960年代の第一次怪獣ブーム時には、東宝、大映などの映画怪獣、ウルトラシリーズの怪獣、また妖怪などを多作。同ブームの隆盛にも大きく貢献した。人物もさることながら、恐竜や怪獣の描写に迫力があり、恐竜図鑑等にも数多くの作品を残す。
彩色画よりもむしろペン画による描写に長けており、妖怪や人物、メカニック等魅力的な作品は多い。

画像
画像




京都繁華街の映画看板/タケマツ画房の仕事
キャッスル・カンパニー
竹田耕作

ユーザレビュー:
昭和映画史においても ...
映画史と看板職人の情 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




三大怪獣 地球最大の決戦 [DVD]
東宝

ユーザレビュー:
ストーリー最高。幻魔 ...
ゴジラシリーズの中で ...
画質がいまいちよくな ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック