腐女子

この前ブログで見つけた漫画に描いてあった男女の会話。

「質問、〈攻め〉の反対は?」
「えつ、〈受け〉?」
「ダウト」(あなたは801ちゃんです)

と言った意味のもの。
これにはちょっと笑ってしまった。
でも、何の事だか判らない人にはさっぱりな漫画です。

これで笑える私もダウト!私は目黒の隣です。
ってそりゃあ大田区だろ!(と一人突っ込み)

何のことだか判りますか?「ユリイカ 特集・文科系女子カタログ」に載っていた論考からちょっと抜粋。

「カレーはあれだね、俺様攻めだね。」

「俺味に染めてやる!というね。」

「野菜も肉もどんどん来やがれというね。」

「シャツにはねて『ククク…俺のつけたあとはなかなか消えないぜ?』」

「そっと見守る福神漬け。」

「『ボク…あなたしか相手をしてくれる人はいないんです。』福神漬け片思い。」

「そんな福神漬けを見守るらっきょう。」

「『むいてもむいてもこの恋心はなくならない…』切ない片思い連鎖。」

「らっきょう×福神漬けで脇カプ。」

「外伝で初々しいらっきょうと福神漬けのドラマが読めるよね。」

「ごはんは自分こそ本命だと思ってる。」

「カレーもうどんへは『遊びに決まってるだろ?おまえなんか。』」

「捨てられたうどんを暖かく包み込む味噌煮込み。」

「でもカレーはナンに会ってむかしの恋人への愛情に気づくのね。」

「『俺のルーツはおまえだったんだな…』」

「傷心のごはん。」

「そこに付け込むおみそ汁。」

「『どうだい?ねこまんまになった気分は。』『こんな…こんなのって!』」

「つゆだくだね!」

「前からごはんのことを想っていた納豆も参戦。」

「『ほら、きみを想ってこんなにねばねばに…』」

「ごはん争奪戦。」

「一方そのころカレーはインドへ去ったナンへの想いが断ち切れず荒れる毎日。」

「激辛50倍。」

「そんな辛さをやさしく包み込むなまたまご。」

「癒し系。」

「カレーはごはんと元の鞘に戻りたいんだけど、」

「ごはんはおみそ汁と納豆に陵辱されたばかり。」

「『こんなに汚れた僕なんかほっといてくれよ!』」

「カレーはごはんを抱きながら『俺の辛さで消毒してやるよ…!』」

「で、仲直りのエロ。」

「萌えるね!げらげら。」

「萌えるね!げらげら。」


えっ! ますます判らない?

となりの801ちゃん (Next comics)
宙出版
小島 アジコ

ユーザレビュー:
オタ×オタ夫婦の旦那 ...
一応・・・気になった ...
腐女子の恋愛コンプレ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



私も2巻目以降はますますマニアックであまりついていけません。



人気ブログランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック