ウォッチメン

映画版ウォッチメン観て来ました。
画像

良く読書法の表現として使われる一つに、「行間を読む」なんて言葉がありますが、アメコミの場合「コマ間を読む」なんて事をよく言います。

日本の漫画とは文法が違うとでも言いましょうか、コミックスの一コマひとコマには濃密な情報が盛り込まれているのですが、連続性から言うと、サラッと軽く触れるだけで、後は読者が読み取ってくれみたいな部分です。

この部分がアメコミには大量にある為、読むのに非常に時間がかかり、不慣れな人にはとっつきにくい面でもあるのではないでしょうか。

映画版ウォッチメンはその「コマ間」(コミックスではあまり語られなかった部分)を補足する作品だったと言うのが第一印象です。

映像的にはかなり原作に忠実であり、かつアクションシーンは原作以上にかっこ良く創られており、この実写版の完成によって、本当にウォッチメンが完結した、と言う気もしています。

もっとも自分はアメコミファンなんで、かなり贔屓目かも知れません。
原作を知らない人にはどう映るのでしょうか。
後、BGMの使い方はどうかな?意見が分かれそうですね。







WATCHMEN ウォッチメン Official Film Guide (SHO-PRO BOOKS)
小学館集英社プロダクション
ピーター・アペロー

ユーザレビュー:
映画から原作へ入る人 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ






Watchmen
DC Comics
Alan Moore

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Watchmen の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック