日米比較(映画界)

何かのテレビ番組で、ハリウッドの映画がどうしてここまで大きく成長できたか?と言う話があり、次のような説明をしていました。

ハリウッドは学歴や人種等一切差別する事無く、才能のある若者に大きく門を開いた。そうする事によって、多くの才能が集まりその成功を見て、さらに多くの才能が集まった。

なるほど!確かにそうかもしれない。日本の場合、映画監督になる為には下積み○年、助監督○年と言った具合に師弟制度みたいなものが何年も続いたからな、その間に多くの人材が逃げたのかも・・・。

日本の場合手塚治虫の登場により、ハリウッドでおきたような現象が漫画界でおきたのかも?何て考えてしまいます。才能だけで伸し上がれるし、それを育ててくれる人がいる、そんな時代が続いたから・・・。

今はどうでしょう、実質的には漫画誌の新人賞も年齢制限があるみたいだし、出版社に見る目はあるのか?ナ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック